テーマ:映画

ドラゴン・タトゥーの女

デヴィッド・フィンチャー監督の『ドラゴン・タトゥーの女』を観ました。 いきなり、オープニングクレジットがかっこいい! ね?かっこいいでしょ? コレを大画面で見ただけでも、結構満足しました これ観ちゃったら、本編も期待しちゃうよねー でもって、…
トラックバック:6
コメント:2

続きを読むread more

ソーシャル・ネットワーク

ソーシャル・ネットワークを観ました。 デヴィッド・フィンチャー監督独特の 静かで淡々と出来事を伝えながらも、 観ている側の心をつかんでしまう雰囲気で、 あっというまの2時間でした! すんごく面白かったー!! Facebookがどのようにして出来上がったのか… これを観るといろいろとわかることができると思います。…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

ノルウェイの森

ノルウェイの森を観て来ました。 ノルウェイの森といえば、 流行った当時、私の周りでは本を買って持っている人が多かったです。 私は誰かが貸してくれたので、 「流行ってるの。ふーん」程度で読み始めたのですが、 のめりこんでしまい、あっという間に読み終わったことを覚えています。 そして、私はそれからしばらく村上ワールドの住人に…
トラックバック:9
コメント:2

続きを読むread more

アリス・イン・ワンダーランド

ようやく、アリス・イン・ワンダーランドを観ました。 ティム・バートン監督の映像の雰囲気がとても好きな私には、 とっても愉しめました 初めて、映画館で3D作品を見ました。しかも、吹替。 本当は、2D字幕で観たかったのですが、 私のいつも行くシネコンは、 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ゴールデンスランバー

「ゴールデンスランバー」を観に行ってきました! 試写会で、一足お先に。 堺雅人さんが大好きな私は、 ただ堺さんが主演している、というだけで応募したんですけど、 堺さんはもちろん、共演者の皆さんもすばらしく、 とっても楽しめる映画でした。 原作は、伊坂幸太郎さん。 たくさん映画化されていますよね。 実は彼の本は…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

2012

2012を観にいきました。 って、だいぶ前の話ですが… こういう映画は、大きなスクリーンで観なくちゃね☆ 大迫力でした! あらすじはさておいて、 何も考えずに、迫力を楽しむ! これにつきます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イングロリアス・バスターズ

公開初日にイングロリアス・バスターズを観に行きました! 話自体はとっても面白く、ひきこまれて あっという間にエンドロールでした。 音楽も、なかなかよかった。 でも、R-15指定されていることからも想像できると思いますが 目を背けてしまう映像が多くて、 それは少々つらかったかな。 ま、タランティーノ監督らしい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クローンは故郷をめざす

京都シネマで『クローンは故郷をめざす』を観た。 監督・脚本は この作品が初めての劇場公開作品である中嶋莞爾。 主演は及川光博。共演に、石田えり、永作博美、嶋田久作ら。 宇宙飛行士の高原耕平が殉職し、 合法的なクローンとして蘇るのだが……という話。 ヴィム・ヴェンダースが エグゼグティブ・プロデューサーを務めている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レッドクリフ パート2 RED CLIFF: PART Ⅱ/赤壁

レッドクリフ パート1を観終えた時から、 続きが気になって気になって… レッドクリフ パート2を観に行ってきました! 監督はジョン・ウーさん、 周瑜はトニー・レオンさん、孔明は金城武さん、 曹操はチャン・フォンイーさん。 チャン・フォンイーさんは 私の好きな映画「さらば、わが愛 覇王別姫」で レスリーチャ…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

少年メリケンサック

宮藤官九郎さんの監督2作目 「少年メリケンサック」を観て来ました。 宮崎あおいさん扮する、 レコード会社メイプルレコードの新人発掘部に所属する 契約切れ間近の契約社員かんなが 動画サイトでイケてるパンクバンド「少年メリケンサック」を見つけ 探し当てるも、それは… という話です。 コメディなので、あまり詳し…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

チェ 39歳別れの手紙

「チェ 39歳別れの手紙」を観に行きました。 これは先日観に行った「チェ 28歳の革命」の続きです。 監督はスティーヴン・ソダーバーグ、主演はベニチオ・デル・トロです。 「チェ 28歳の革命」では、カラー映像と白黒映像が交互に出てくる構成でしたが 「チェ 39歳別れの手紙」では、死後発見された日記を基にしているか…
トラックバック:18
コメント:0

続きを読むread more

レッドクリフ パート1 RED CLIFF: PART I/赤壁

今更ながら…なのですが、 『レッドクリフ part1』を鑑賞してきました。 もちろん、トニー・レオンと金城武が目当てでございます。 もうすぐDVDも発売になりますね。 レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD]エイベックス・マーケティング 2009-03-11 Amazonアソシエイト by ウェブリ…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

チェ 28歳の革命

『チェ 28歳の革命』を観ました。 監督は、スティーヴン・ソダーバーグ、 主演は、ベニチオ・デル・トロ。 現代においてもカリスマ的な存在の 革命家チェ・ゲバラの半生を描く前編です。 白黒画面で36歳の時のゲバラの国連演説などの様子を映し出しながら カラー画面で若き日のゲバラが革命を成功させるまでを描いています。 最初は…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

パコと魔法の絵本

パコと魔法の絵本を観に行きました。 「下妻物語」が大好きなので、 中島哲也監督の新作が観たくなったのです。 下妻物語 スタンダード・エディション東宝 2004-11-26 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ ストーリーは… とある病院でくりひろげられる、 偏屈で嫌われ者のおじいさんと 交通事故で1日しか記憶…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ミラクル7号

『ミラクル7号』を観た。 『カンフーハッスル』や『少林サッカー』でおなじみ、 チャウ・シンチー監督の最新作。 内容はというと 小さいころに母を亡くした小学生の男の子とそのお父さんが 貧乏な暮らしをする中で ひょんなことから宇宙から来た不思議な物体とすごすひと時の話だ。 その宇宙から来た物体(=ミラクル7号)というのが、…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

西の魔女が死んだ

『西の魔女が死んだ』 私がとても好きな小説のひとつである。 今回、この小説が映画化された。 監督は長崎俊一。 主演のおばあちゃん(西の魔女)に、サチ・パーカー。 不登校になってしまった少女まいに、 半年にも及ぶオーディションで選ばれた、期待の新人、高橋真悠。 6月21日公開、ということを知り、 その日を指折り楽し…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛

以前に、家族が『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』を DVDで鑑賞していたので、 一緒に見てみたら案外面白かった。 少し前に映画館で 『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』の予告を見たら 結構迫力がありそうだったので これは映画館で観なくては…と思って、出かけた。 監督は前作と同じく、アンドリュー・アダ…
トラックバック:15
コメント:2

続きを読むread more

ラフマニノフ ある愛の調べ

映画『ラフマニノフ ある愛の調べ』を観に行った。 監督はバーヴェル・ルンギン。 セルゲイ・ラフマニノフ役にエフゲニー・ツィガノフ。 ラフマニノフ役の人の顔の雰囲気が CDのジャケットなど(例:ラフマニノフ:自作自演集)でみる ラフマニノフとよく似ているので上手に探したものだと感心した。 ラフマニノフをめぐる愛の物語。…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

銀河鉄道の夜

肥後橋へ行った折、いつもなら国立国際美術館に行くのだが、 写真の右側に写っている大阪市立科学館へ行った。 目的は、1日に1回上映されている 『銀河鉄道の夜』を観るためだ。 昨秋にこの作品を見に行った友人が「よかったよ」と勧めてくれていたので、 1度観てみたかったのだ。 プラネタリウムいっぱいに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

cocorico(ココリコ)のブルーベリーパイ

『マイ・ブルーベリー・ナイツ』を観たら ブルーベリーパイが食べたくなった。 『マイ・ブルーベリー・ナイツ』公式サイトのNewsのところに ”cocoricoの大阪・神戸の全9店舗にて、 「マイ・ブルーベリー・ナイツ」をイメージした スペシャルオリジナルスイーツ発売中!” という記事を発見! …というわけでcocor…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

マイ・ブルーベリー・ナイツ MY BLUEBERRY NIGHTS

映画『マイ・ブルーベリー・ナイツ』を鑑賞。 待ちに待ったウォン・カーウァイ監督の新作だ。 今回は舞台はアメリカ。全編英語の作品である。 2007年度カンヌ映画祭オープニング作品。 …どんな作品なんだろう、と期待して出かけた。 「マイブルーベリーナイツ」のTVのCMを見ていると あまーい恋愛映画なのかも!?と思…
トラックバック:26
コメント:4

続きを読むread more

ストレイト・ストーリー

夜な夜なデイヴィッド・リンチの「ストレイト・ストーリー」を観た。 この映画は、実話を元に描かれたもので、 ある老人が喧嘩別れをして音信不通になっている兄を訪ねて、 時速8キロのトラクターに乗って旅に出る話だ。 とても淡々としているのだが、一貫して明るい雰囲気なのがよい。 合間に色々と出来事が起こったり、考えさせられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これから観てみたい映画3本

まずは3月22日公開の『マイ・ブルーベリー・ナイツ』 ウォン・カーウァイ監督の新作である。 今回撮影がドイル氏でないところが気になる… カーウァイ作品には ドイル氏の撮影とトニー・レオンがいないと 何だか、何かのないコーヒーのようである。 しかし、どんな映画になっているのか、 これはぜひとも映画館で確認したいところ。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ラスト、コーション  色|戒

アン・リー監督、トニー・レオン主演の 『ラスト、コーション』の先行上映会へ出かけた。 入場時にプレスシートを手渡された。 以前に試写会でもらったことのある 別の映画のプレスシートはパンフレット大の3つ折で 両面にぎっしり映画のことが写真入りで書かれていたので、 てっきりそういう類のものだと思っていた私はビックリ。 …
トラックバック:19
コメント:6

続きを読むread more

『シルク』サントラ 特典DVD

映画『シルク』を鑑賞したので、 先日購入したSILKサントラの特典DVD 『SILK making of the soundtrack RYUICHI SAKAMOTO』 を鑑賞してみた。 内容はレコーディングスタジオなどでの フランソワ・ジラール監督と坂本龍一のやりとりの様子や 坂本龍一がオーケストラに…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

シルク

映画『シルク』を鑑賞した。 監督はフランソワ・ジラール。 音楽は坂本龍一。 原作はアレッサンドロ・バリッコの『絹 (白水Uブックス 169 海外小説の誘惑)』。 19世紀のフランスのとある村で、蚕の疫病が発生し、 健康な蚕の卵を求め、主人公が日本へ密航をし、 数度の渡航での色々な出来事や想いを描いた作品。 …
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

チャーリーとチョコレート工場

先日『チャーリーとチョコレート工場』が 「金曜ロードショー」で放映されていましたね。 DVDを持っているにもかかわらず、 ついつい最後まで観てしまいました。 あの映画の魅力は 映像の雰囲気と音楽だと思います。 一番好きなのはウンパ・ルンパの踊りです。 音楽といい、振り付けといい、ウンパ・ルンパの表情といい… …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

この冬観たい映画2本!

先日子供と『マリと子犬の物語』を観てきました。 それはside:Bに書いたので、よかったら読んでやってください。 ところで、この冬どうしても観たい映画が2本あります。 それは『シルク』と『ラスト、コーション』です。 昨日行った映画館に『シルク』の大きな看板とチラシが… TVCMも始まっていますね。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今、気になる映画2本

それは…… 邦画2本です。 「転々」と「サディスティック・ミカ・バンド」 「転々」は 「時効警察」でおなじみの三木聡さんがメガホンをとったもの。 あのノリがスクリーンで見られるのは、とっても楽しみな訳で。 もちろん、オダギリ・ジョーさんもね サディスティック・ミカ・バンドの 「タ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

INLAND EMPIRE

とうとう、観てまいりました! デイヴィッドリンチの最新作 「インランド・エンパイア」    3時間は長いかなと思ったけど、    案外短かったです。 それにしても、終わった後、 こっちまで悪夢を見たような錯覚にとらわれ、 映画館のエスカレーター乗り場が わからなくなっちゃったくらい… (それって、単…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more