あけましておめでとうございます

新しい年が始まりました。 2009年がいい年になりますように 【アートポスター】30年、あるいは薔薇色の日々 1931年(60cm×80cm) -デュフィ-アートオブポスター 軽快なタッチと明るい色彩で人気のデュフィのポスター。ポスターサイズ60cm×80cm。このポスターサ 楽天市場 by ウェブリブ…
コメント:0

続きを読むread more

グレン・グールド 坂本龍一セレクション

12月24日発売の『グレン・グールド 坂本龍一セレクション』を購入しました。 グレン・グールド 坂本龍一セレクションSMJ(SME)(M) 2008-12-24 グールド(グレン) Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 何をきっかけにグレン・グールドの演奏を気に入ったのか覚えていないのですが、 80年代の終わりに買った、…

続きを読むread more

矢野顕子さとがえるコンサート2008 『akiko』

2008年12月16日、大阪市のNHK大阪ホールでおこなわれた 矢野顕子さとがえるコンサート2008 『akiko』に行きました。 矢野さんは、銀色の模様がまぶしい白のTシャツに スキニーっぽいパンツで登場! アンコールではカラフルなドレスに髪型もガラッと変わり 相変わらず、オシャレで素敵でした。 いきなり『しまった…

続きを読むread more

矢野顕子さとがえる2008 TV放送

めったに見ない番組表を見て12月のはじめに知り、 放送を楽しみにしている番組があります。 それは、あっこちゃんのライブ。 MUSIC ON TV!では、 12月17日19時から22時に ASAHI SUPER DRY The LIVE 矢野顕子 from NHKホールを放送します。 12月14日に東京はNHKホールで…

続きを読むread more

上原ひろみ HIROMI'S SONICBLOOM JAPAN TOUR 2008

11月26日に大阪市のサンケイホール ブリーゼで行われた 上原ひろみさんのライヴに行って来ました! ほんとうのツアータイトルは HIROMI'S SONICBLOOM JAPAN TOUR 2008 BEYOND STANDARD です。 このツアーに私より先に行った人から とにかくいいから!って言われていたので、…

続きを読むread more

SONGS 第66回  矢野顕子

2008年11月5日放送のNHK『SONGS』のゲストは矢野顕子さんでした。 実は、『SONGS』という番組があることもはじめて知りました。 HPを見ましたが多彩なアーティストが出演しているのですね。 NHKといえば、ニュースと天気予報、Nスペって具合なもんで… 受信料を支払っているのだから、もっと見なくちゃね(笑) …

続きを読むread more

矢野顕子 akiko

発売日に、矢野顕子さんの『akiko』を買いました。 初回限定コンプリートボックスです。 akiko-Complete Box-(初回限定盤DVD付)ヤマハミュージックコミュニケーションズ 2008-10-22 矢野顕子 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ このコンプリートボックスには 日本語版と英語版とDVDがつい…

続きを読むread more

大仏讃歌 クラシカルステージ

10月19日、奈良は東大寺大仏殿前にて 『大仏賛歌 クラシカルステージ』という 平城遷都1300年記念・東大寺世界遺産登録10周年記念コンサートが 行われました。 東大寺大仏殿の前でクラシックが演奏されるとのことで なかなか野外コンサートで しかも東大寺の大…

続きを読むread more

僕らの音楽 ♯226 及川光博

2008年10月10日放送の フジテレビ系『僕らの音楽』のguestは この10月8日に新曲『GO AHEAD!!』をリリースしたばかりの ミッチーこと及川光博さんでした なかなかTV番組欄までチェックが行き届かず (新曲のこともこの番組で知る始末…) DVDレコーダーの自動録画…

続きを読むread more

パコと魔法の絵本

パコと魔法の絵本を観に行きました。 「下妻物語」が大好きなので、 中島哲也監督の新作が観たくなったのです。 下妻物語 スタンダード・エディション東宝 2004-11-26 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ ストーリーは… とある病院でくりひろげられる、 偏屈で嫌われ者のおじいさんと 交通事故で1日しか記憶…

続きを読むread more

ルネ・マグリット 『白紙委任状』

私の好きな画家の一人にルネ・マグリットがいる。 9月6日放送のテレビ東京系『美の巨人たち』は ルネ・マグリットの『白紙委任状』を紹介していた。 番組の内容を紹介して、少々感想なんぞ書いてみようと思う。 まあ、私の印象に残ったTV番組の覚書みたいなものなのだけれど… 『白紙委任状』とはどんな絵なのかというと… 馬に…

続きを読むread more

坂本龍一 KOKO

大変遅まきながら 坂本龍一『KOKO』を購入。 koko/坂本龍一[CD]Joshin web CD/DVD楽天市場店 品 番:RZCM-45844発売日:2008年03月19日発売出荷目安:5~10日「日本郵政」CMソ 楽天市場 by ウェブリブログ 1曲目のkokoは、坂本氏自身も出演していた JP日本郵政グループ郵便事業株…

続きを読むread more

yanokami_live 08  akiko yano x rei harakami

8月27日、大阪市の心斎橋 CLUB QUATTRO で行われた yanokami_live 08 に、行ってきました。 yanokami(ヤノカミ)とは、 ニューヨーク在住の矢野顕子さんと京都在住のレイ・ハラカミさんのユニット。 今回は初の地方公演であったようです。 大阪では、昨年末のさとがえるコンサート yanokami…

続きを読むread more

矢野顕子リサイタル2008

2008年8月21日、 富山県射水市にあるアイザック小杉文化ホール ラポールで開かれた 『矢野顕子リサイタル2008』へ出かけた。 前日の静岡県浜松市のアクトシティ浜松と迷ったが、 日本海の海と風に誘われて、富山県へ お天気は晴れたり激しい雨が降った…

続きを読むread more

滋賀県立近代美術館 常設展

滋賀県立近代美術館の常設展を観た。 滋賀県ゆかりの画家をはじめ、 現代美術の作家まで、 いろんなジャンルの作品を観ることができた。 滋賀県ゆかりの作家として 小倉遊亀の作品が集められた 「小倉遊亀コーナー」が印象的だった。 私は『窓辺』という作品が好きだ。 展示室1では、日本画や滋賀県ゆかりの作家が集められて…

続きを読むread more

ファーブル昆虫記の世界

滋賀県大津市にある滋賀県立近代美術館で開催中の 『ファーブル昆虫記の世界』を見に行った。 この展覧会は3部で構成されている。(内容についてはHPの企画展広報用資料より抜粋) 第1部 ファーブルの直筆論文、デッサン、書簡、著書、『昆虫記』の挿図として用いられた写真      (息子ポール=アンリ・ファーブル撮影)と挿図…

続きを読むread more

塩田千春 精神の呼吸

モディリアーニ展に引き続き、 大阪・中之島の国立国際美術館で 『塩田千春 精神の呼吸』展を鑑賞。 塩田氏はベルリンを拠点に活躍する美術作家である。 入り口と地下の展示場をつなぐエスカレーターで移動中に いきなり目に飛び込む 『大陸を越えて』という名がつけられた作品には驚かされた。 写真左のポスターにもなっている作品…

続きを読むread more

モディリアーニ展

モディリアーニ展を観に 大阪・中之島の国立国際美術館へ。 『モディリアーニ展』は4章で構成されている。 Ⅰ章 プリミティヴィズムの発見:     パリ到着、ポール・アレクサンドルとの出会い Ⅱ章 実験的段階への移行:      カリアティッドの人物像―前衛画家への道 Ⅲ章 過渡期の時代:     カリ…

続きを読むread more

冒険王・横尾忠則展

神戸の兵庫県立美術館へ「冒険王・横尾忠則展」を観にいった。「冒険」をキーワードに横尾芸術の核心に迫る今回の展覧会、 なかなかの見ごたえであった。 各コーナーには別れているものの、 いろんなことが融合して、また新たな創作アイディアへ…という感じなので 最後まで観てある程度理解が出来るようになった。 そんな訳で、復習のため…

続きを読むread more

ミラクル7号

『ミラクル7号』を観た。 『カンフーハッスル』や『少林サッカー』でおなじみ、 チャウ・シンチー監督の最新作。 内容はというと 小さいころに母を亡くした小学生の男の子とそのお父さんが 貧乏な暮らしをする中で ひょんなことから宇宙から来た不思議な物体とすごすひと時の話だ。 その宇宙から来た物体(=ミラクル7号)というのが、…

続きを読むread more

奈良国立博物館 平常展・特別展示

実は、中学の時の修学旅行以来、奈良国立博物館へ行ったことがなかった。 しかも、修学旅行で連れて行かれたのは「正倉院展」 古代に思いを馳せるというより、人を見に行ったような感じ。 そんな訳で、ほぼ初めて奈良国立博物館へ行ったようなものなので、 『法隆寺金堂展』以外の展示も観て帰ろうと思った。 でも、すごいボリュームでびっくり…

続きを読むread more

国宝 法隆寺金堂展

奈良市にある奈良国立博物館で開催中の 『国宝 法隆寺金堂展』へ行って来ました。 法隆寺金堂は現存する世界最古の木造建築としてその名を知られています。 金堂には、飛鳥時代を代表する仏像や工芸品が数多く存在しています。 今回は金堂内の仏像を安置する 須弥壇(しゅみだん)を本格的に修理するにあたり、 壇上の諸仏を避難させることにな…

続きを読むread more

京都国立近代美術館 コレクションギャラリー 平成20年度第3回

『ルノワール + ルノワール展』の後は 京都国立近代美術館の4階の展示を観た。 『京都国立近代美術館 コレクションギャラリー 館所蔵による 近代の美術・工芸・写真』 …初めて名称に気がついたのであった。 久々に広い空間での展示! ここしばらく、少な目の展示だったので とっても嬉しい。 気になった作品をば。 …

続きを読むread more

ルノワール+ルノワール展

オルセー美術館総合監修 『ルノワール+ルノワール展』を観に 京都市は岡崎公園内にある京都国立近代美術館へ。 「画家の父 映画監督の息子 2人の巨匠が日本初共演」 このキャッチコピーの通り、 父 印象派の巨匠 ピエール=オーギュスト・ルノワール と 彼の次男で フランスを代表する映画監督 ジャン・ルノワールの 作品を展示し…

続きを読むread more

西の魔女が死んだ

『西の魔女が死んだ』 私がとても好きな小説のひとつである。 今回、この小説が映画化された。 監督は長崎俊一。 主演のおばあちゃん(西の魔女)に、サチ・パーカー。 不登校になってしまった少女まいに、 半年にも及ぶオーディションで選ばれた、期待の新人、高橋真悠。 6月21日公開、ということを知り、 その日を指折り楽し…

続きを読むread more

ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛

以前に、家族が『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』を DVDで鑑賞していたので、 一緒に見てみたら案外面白かった。 少し前に映画館で 『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』の予告を見たら 結構迫力がありそうだったので これは映画館で観なくては…と思って、出かけた。 監督は前作と同じく、アンドリュー・アダ…

続きを読むread more

ラフマニノフ ある愛の調べ

映画『ラフマニノフ ある愛の調べ』を観に行った。 監督はバーヴェル・ルンギン。 セルゲイ・ラフマニノフ役にエフゲニー・ツィガノフ。 ラフマニノフ役の人の顔の雰囲気が CDのジャケットなど(例:ラフマニノフ:自作自演集)でみる ラフマニノフとよく似ているので上手に探したものだと感心した。 ラフマニノフをめぐる愛の物語。…

続きを読むread more

中島信也CM展

近くまで来ていたので、南堀江のdddギャラリーに立ち寄った。 「中島信也CM展 中島信也と29人のアートディレクター」を開催中だった。 ドアを開けると いきなりディレクターズチェアに座っている中島氏の真っ白い像がお出迎え。 しかも、頭の上にバラがのっている。 あーこれこれ、みたことある! って感じのCMが色々と見…

続きを読むread more

「液晶絵画 Still/Motion」展 と 「COLLECTION 1」

大阪・中之島の国立国際美術館で開催中の 「液晶絵画 Still/Motion」展へ出かけた。 ビデオアートを中心に、国内外14人の作品が展示されている。 入っていきなりのビル・ヴィオラの作品で足が止まる。 『プールの反映』は透明なスクリーン?に映されていたのでビックリ。 地上での人物の動きと水面の動きが一致していない部分が…

続きを読むread more