アリス・イン・ワンダーランド

ようやく、アリス・イン・ワンダーランドを観ました。

ティム・バートン監督の映像の雰囲気がとても好きな私には、
とっても愉しめました

初めて、映画館で3D作品を見ました。しかも、吹替。
本当は、2D字幕で観たかったのですが、
私のいつも行くシネコンは、
私が観たい時間には3D吹替しか上映していなかったんですもの…

パーティー会場で、
みんなの前でプロポーズされてしまった19歳のアリスが、
そこで見た白ウサギを追いかけて穴に落ち…
落ちた先のワンダーランドで
帽子屋さんや、芋虫や、猫や、ヤマネや、双子や
赤の女王、白の女王、などに出会う物語。
ワンダーランドでの経験を踏まえて
現実世界に戻ったアリスが出した答えは…

帽子屋さんにジョニー・デップ。
赤の女王にヘレナ・ボナム=カーター、
白の女王にアン・ハサウェイ。
白の女王の吹替は深田恭子さんでした。
とても雰囲気のある、白の女王によく合っていました

ティム・バートン作品の好きな人にはおすすめです!
映像がきれいで、見とれちゃいます。
それに、話がわかりやすくて、あっという間の2時間でした




ALiCE IN WONDERLaND
WALT DISNEY RECORDS
サントラ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

この記事へのトラックバック

  • アリス・イン・ワンダーランド

    Excerpt: ルイス・キャロルの名作『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』を基に ヒロインのアリスが19歳に成長し、再びワンダーランドに迷い込んで冒険 する様を描いた冒険ファンタジー。 監督は『チャーリーと.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2010-06-01 00:32