だまし絵 -アルチンボルトからマグリット、ダリ、エッシャーへ-

兵庫県立美術館で開催中の
だまし絵 -アルチンボルトからマグリット、ダリ、エッシャーへ-
に行って来ました。

画像

この絵は兵庫県立美術館から送信できるメールサービスの絵です。

…といっても、行ったのはシルバーウイーク前なので、
私がこれから書く話の中には
すでに展示されていない絵もあるかもしれません。
ご了承下さい。

この展覧会は6章から成り立っています。

第1章 イメージ詐称(トリック)の古典
第2章 トロンプルイユの伝統
      トロンプルイユとは…目だましを意味するフランス語
第3章 アメリカン・トロンプルイユ 
第4章 日本のだまし絵
       私にとっては、この辺からどんどん面白く、興味深く見ることが
      できるようになって来ました。
      西洋のトロンプルイユに近いものとして、
      日本には「描表装(かきびょうそう)」という趣向があるとのこと。

      幽霊の絵はそれはもうすごい迫力で、
      描表装だからこそいっそう怖く演出できていたりします。
      そうそう、河鍋暁斎「弾琴五美女憩の図」は美しかったな。      
第5章 20世紀の巨匠たち -マグリット・ダリ・エッシャー-
      このコーナー、入るといきなりマグリット「白紙委任状」です。
      うれしい、うれしい!
      人も少なかったので、見入ってしまいました。
      マグリットの絵は他にもいろいろあってどれもよかったです。
      私のこれまた大好きなポール・デルヴォーの絵も1点。
      外から見た建物の絵のはずなのに、
      その窓からは風景が見えているという不思議な絵。
第6章 多様なイリュージョニズム -現代芸術におけるイメージの策謀
      このコーナーにあった
      ブリジット・ライリー「ただよい1」が気に入りました。
      揺らめいて見えて、ずっと見ていても飽きない。
      パトリック・ヒューズ「水の都」は自分が動くと風景も変わります。
      とーってもおもしろくて、何度も作品の前をうろうろしちゃいました。
      杉本博司「シェークスピア」は蝋人形を撮ったものですが、
      まるで実物のシェークスピアを撮ったように生命感があります。

このだまし絵展、とても好評のようですね。
気軽に絵を楽しむことが出来るので、いろんな年齢層の人も楽しめそうです。

11月3日まで開催中。

画像人気ブログランキングへ
更新の励みになりますので、よろしくお願いします!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック