金峯山寺 秘仏本尊特別ご開帳

奈良の吉野にある金峯山寺蔵王堂の秘仏本尊特別ご開帳に行ってきました。 お花見で有名な吉野山は、修験道の聖地でもあります。 金峯山寺は、修験道の総本山です。 その本堂が蔵王堂です。 東大寺大仏殿に次ぐ大きさの木造建築物です。 とても立派な建物です。 金峯山寺の本尊は、本堂・蔵王堂にある秘仏本尊・金剛蔵王権現です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草間彌生 永遠の永遠の永遠

国立国際美術館で開催中の草間彌生 永遠の永遠の永遠に行って来ました。 写真撮影ポイントがあって、写真が撮れます! 80歳を過ぎてもなおあふれる創作意欲、素晴らしいです! 「愛はとこしえ」「わが永遠の魂」の絵画シリーズ、彫刻、インスタレーション「魂の灯」、映像コーナーで構成されています。 私が好きだったのは「チ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラゴン・タトゥーの女

デヴィッド・フィンチャー監督の『ドラゴン・タトゥーの女』を観ました。 いきなり、オープニングクレジットがかっこいい! ね?かっこいいでしょ? コレを大画面で見ただけでも、結構満足しました これ観ちゃったら、本編も期待しちゃうよねー でもって、…
トラックバック:6
コメント:2

続きを読むread more

ワシントン・ナショナル・ギャラリー展

京都市美術館で開催されているワシントン・ナショナル・ギャラリー展に行きました。 写真に写ってる人々はフェルメールからのラブレター展に並んでいる人々です。 なんと、こちら、平日昼間で40分待ち。 私には、待てませんでした… さて、ワシントン・ナショナル・ギャラリー展ですが、 モネ、ルノワール、ドガ、ピサロ、ゴッホなど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソーシャル・ネットワーク

ソーシャル・ネットワークを観ました。 デヴィッド・フィンチャー監督独特の 静かで淡々と出来事を伝えながらも、 観ている側の心をつかんでしまう雰囲気で、 あっというまの2時間でした! すんごく面白かったー!! Facebookがどのようにして出来上がったのか… これを観るといろいろとわかることができると思います。…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

ノルウェイの森

ノルウェイの森を観て来ました。 ノルウェイの森といえば、 流行った当時、私の周りでは本を買って持っている人が多かったです。 私は誰かが貸してくれたので、 「流行ってるの。ふーん」程度で読み始めたのですが、 のめりこんでしまい、あっという間に読み終わったことを覚えています。 そして、私はそれからしばらく村上ワールドの住人に…
トラックバック:9
コメント:2

続きを読むread more

アリス・イン・ワンダーランド

ようやく、アリス・イン・ワンダーランドを観ました。 ティム・バートン監督の映像の雰囲気がとても好きな私には、 とっても愉しめました 初めて、映画館で3D作品を見ました。しかも、吹替。 本当は、2D字幕で観たかったのですが、 私のいつも行くシネコンは、 …
トラックバック:1

続きを読むread more

ゴールデンスランバー

「ゴールデンスランバー」を観に行ってきました! 試写会で、一足お先に。 堺雅人さんが大好きな私は、 ただ堺さんが主演している、というだけで応募したんですけど、 堺さんはもちろん、共演者の皆さんもすばらしく、 とっても楽しめる映画でした。 原作は、伊坂幸太郎さん。 たくさん映画化されていますよね。 実は彼の本は…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

2012

2012を観にいきました。 って、だいぶ前の話ですが… こういう映画は、大きなスクリーンで観なくちゃね☆ 大迫力でした! あらすじはさておいて、 何も考えずに、迫力を楽しむ! これにつきます。
トラックバック:0

続きを読むread more

ryuichi sakamoto playing the piano

ryuichi sakamoto playing the piano featuring taeko onuki に行って来ました!! 今年の私のライヴ納め。 年末に坂本龍一氏のピアノが聴けるなんて この上なき幸せ。 真っ暗な中、坂本氏の足音が… ”out of noise”より4曲演奏がありました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イングロリアス・バスターズ

公開初日にイングロリアス・バスターズを観に行きました! 話自体はとっても面白く、ひきこまれて あっという間にエンドロールでした。 音楽も、なかなかよかった。 でも、R-15指定されていることからも想像できると思いますが 目を背けてしまう映像が多くて、 それは少々つらかったかな。 ま、タランティーノ監督らしい…
トラックバック:0

続きを読むread more

だまし絵 -アルチンボルトからマグリット、ダリ、エッシャーへ-

兵庫県立美術館で開催中の だまし絵 -アルチンボルトからマグリット、ダリ、エッシャーへ- に行って来ました。 この絵は兵庫県立美術館から送信できるメールサービスの絵です。 …といっても、行ったのはシルバーウイーク前なので、 私がこれから書く話の中には すでに展示されていない絵もあるかもしれません。 ご了承下さい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラウル・デュフィ展

美術館「えき」KYOTOで開催中のラウル・デュフィ展に行きました。 私は、デュフィの絵が大好きなのです。 私にとってはしばらくぶりのデュフィ展だったので、 行くことができて、とても嬉しかった。 そして、大好きな絵に囲まれて 椅子に座って しばらくその空気を愉しんで …幸せな気分になれました。 10/4まで…

続きを読むread more

ルーヴル美術館展 美の宮殿の子どもたち

大阪・中之島の国立国際美術館で開催中の ルーヴル美術館展 美の宮殿の子どもたち を 鑑賞しました。 出かけたのは大分前で、 開催されてすぐの週の平日の昼間だったんですが、 すごい人でした! ルーヴルってみんな好きなのね。 人多すぎてあまりキャプチャーとか見えなかったです。 7つの部門(古代エジプト美術、古代オ…
トラックバック:0

続きを読むread more

やなぎみわ 婆々娘々!(ポーポーニャンニャン)

国立国際美術館で開催中の 『やなぎみわ 婆々娘々!(ポーポーニャンニャン)』をみた。 展示は3つのシリーズに分かれている。 マイ・グランドマザーズ・シリーズ 寓話シリーズ ウィンドスウェプト・ウィメン・シリーズ My Grandmothers Series 一般公募したモデルに 「50年後の自らの理想の姿」を問い…

続きを読むread more

安藤忠雄建築展2009 対決。水の都 大阪VSベニス

大阪・天保山にあるサントリーミュージアムで開催中の 安藤忠雄建築展2009 対決。水の都 大阪VSベニス に 出かけてきました。 会場に入ると「中之島プロジェクトⅡ」の模型がどーんと。 安藤忠雄氏が提案する大阪都市再生プロジェクトと 今年6月に竣工したベニスの最新プロジェクトを中心に紹介しています。 模型をは…

続きを読むread more

慶応義塾をめぐる芸術家たち

国立国際美術館で開催中の『慶応義塾をめぐる芸術家たち』をみた。 慶応義塾ゆかりの美術家や詩人たちの作品を中心とした展覧会だ。 西脇順三郎、瀧口修造、飯田善國、谷口吉郎、イサム・ノグチ、駒井哲郎の作品を展示。 飯田氏と西脇氏の共作である『クロマトポイエマ』は、 とても興味深い作品だった。 言葉と色彩の融合を試…

続きを読むread more

クローンは故郷をめざす

京都シネマで『クローンは故郷をめざす』を観た。 監督・脚本は この作品が初めての劇場公開作品である中嶋莞爾。 主演は及川光博。共演に、石田えり、永作博美、嶋田久作ら。 宇宙飛行士の高原耕平が殉職し、 合法的なクローンとして蘇るのだが……という話。 ヴィム・ヴェンダースが エグゼグティブ・プロデューサーを務めている…
トラックバック:0

続きを読むread more

坂本龍一 nord

坂本龍一の「nord」を購入しました。 北海道地区限定リリースのCDシングルです。 ホクレン農業協同組合連合会のTV CMの曲なんだそうです。 明るさの中に優しさのある曲だと思いました。 CMはホクレンのHPで見ることができます。 ホクレンの商品は愛用しているものもあるので、 なんだか親近感があります。 …

続きを読むread more

杉本博司 歴史の歴史 HIROSHI SUGIMOTO HISTORY OF HISTRY

大阪中之島の国立国際美術館で開催中の 杉本博司 歴史の歴史に行って来ました。 この展覧会では、 杉本博司氏の収集品と制作した写真作品が展示されています。 緩やかに湾曲した壁面に飾られた 代表作の「海景」シリーズはとても美しかったです。 全体的に展示方法にも杉本氏のこだわりが感じられ 作品・収集品ともに「美しさ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レッドクリフ パート2 RED CLIFF: PART Ⅱ/赤壁

レッドクリフ パート1を観終えた時から、 続きが気になって気になって… レッドクリフ パート2を観に行ってきました! 監督はジョン・ウーさん、 周瑜はトニー・レオンさん、孔明は金城武さん、 曹操はチャン・フォンイーさん。 チャン・フォンイーさんは 私の好きな映画「さらば、わが愛 覇王別姫」で レスリーチャ…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2009

3月27日、大阪市のサンケイホールブリーゼで行われた 坂本龍一氏のライヴ Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2009 に、行ってきました。 坂本龍一さんのライヴは久しぶりです。 2005年夏の「坂本龍一JAPANTOUR2005」、 2005年冬の「坂本龍一 PLAYING THE P…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂本龍一 out of noise

坂本龍一氏の新譜 『out of noise』 を購入しました。 out of noisecommmons 2009-03-04 坂本龍一 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 私の買ったのは数量限定生産のフルアートワークパッケージCDです。 out of noise(数量限定生産)commmons 2009-0…

続きを読むread more

高橋アキ エリックサティの世界

高橋アキさんのピアノリサイタルを鑑賞しに、奈良へ。 高橋さんの演奏にうっとり。 サティって、やっぱり、いいな~って思いました。 高橋さんがサティの詩を演奏をしながら 読み上げることがあったのですが、 サティの詩や音楽のイメージに 高橋さんの声や読み方がぴったりと合っていて 聴いていて心地よく、 とても印象に残って…

続きを読むread more

少年メリケンサック

宮藤官九郎さんの監督2作目 「少年メリケンサック」を観て来ました。 宮崎あおいさん扮する、 レコード会社メイプルレコードの新人発掘部に所属する 契約切れ間近の契約社員かんなが 動画サイトでイケてるパンクバンド「少年メリケンサック」を見つけ 探し当てるも、それは… という話です。 コメディなので、あまり詳し…
トラックバック:4

続きを読むread more

矢野顕子 リサイタル BREEZE 3DAYS with GUEST 1日目

みなさま、来てくだすってどうもありがとう。 …ではじまるアッコちゃんからのメッセージが印刷された紙を読んで ほんのり心が温まった、夜。 2月13日に 矢野顕子 リサイタル BREEZE 3DAYS with GUEST へ行って来ました。 本音を言えば3日とも行きたかったのですが、時間的な都合でこの日のみ行きました こ…

続きを読むread more

チェ 39歳別れの手紙

「チェ 39歳別れの手紙」を観に行きました。 これは先日観に行った「チェ 28歳の革命」の続きです。 監督はスティーヴン・ソダーバーグ、主演はベニチオ・デル・トロです。 「チェ 28歳の革命」では、カラー映像と白黒映像が交互に出てくる構成でしたが 「チェ 39歳別れの手紙」では、死後発見された日記を基にしているか…
トラックバック:18

続きを読むread more

レッドクリフ パート1 RED CLIFF: PART I/赤壁

今更ながら…なのですが、 『レッドクリフ part1』を鑑賞してきました。 もちろん、トニー・レオンと金城武が目当てでございます。 もうすぐDVDも発売になりますね。 レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD]エイベックス・マーケティング 2009-03-11 Amazonアソシエイト by ウェブリ…
トラックバック:5

続きを読むread more

チェ 28歳の革命

『チェ 28歳の革命』を観ました。 監督は、スティーヴン・ソダーバーグ、 主演は、ベニチオ・デル・トロ。 現代においてもカリスマ的な存在の 革命家チェ・ゲバラの半生を描く前編です。 白黒画面で36歳の時のゲバラの国連演説などの様子を映し出しながら カラー画面で若き日のゲバラが革命を成功させるまでを描いています。 最初は…
トラックバック:9

続きを読むread more