花のように …美術・音楽・映画鑑賞日記…

アクセスカウンタ

zoom RSS クローンは故郷をめざす

<<   作成日時 : 2009/06/27 16:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

京都シネマで『クローンは故郷をめざす』を観た。
画像

監督・脚本は この作品が初めての劇場公開作品である中嶋莞爾。
主演は及川光博。共演に、石田えり、永作博美、嶋田久作ら。

宇宙飛行士の高原耕平が殉職し、
合法的なクローンとして蘇るのだが……という話。

ヴィム・ヴェンダースが
エグゼグティブ・プロデューサーを務めているということで、
期待して出かけた作品。

その期待を裏切らず、SF映画とひとくくりに語れないような、
SF映画を超えたSF映画という印象だ。

一人3役をこなした及川光博さんが好演。
それぞれの高原をうまく演じ分けていたし、
スタイリッシュな映像に自然に溶け込んでいた。

淡々としていながらも、
色々なことを考えさせられる奥行きのある映画だった。

もう一度観てみたい映画だ。

画像人気ブログランキングへ
更新の励みになりますので、よろしくお願いします!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
スポンサードリンク
クローンは故郷をめざす 花のように …美術・音楽・映画鑑賞日記…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる