花のように …美術・音楽・映画鑑賞日記…

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都国立近代美術館 コレクションギャラリー 平成20年度第3回

<<   作成日時 : 2008/06/08 17:08   >>

トラックバック 0 / コメント 4

ルノワール + ルノワール展』の後は
京都国立近代美術館の4階の展示を観た。
『京都国立近代美術館 コレクションギャラリー
館所蔵による 近代の美術・工芸・写真』

…初めて名称に気がついたのであった。

久々に広い空間での展示!
ここしばらく、少な目の展示だったので
とっても嬉しい。

気になった作品をば。



「海外の近代美術」 より

ルドン『イエスとサマリアの女』『若き日の仏陀』
ルドンの独特のタッチで描くキリストと仏陀が隣り合わせで展示されている。
観ていて和む。
モンドリアンが3点。
『コンポジション』2点はいつも好きで眺めていたのだが
『へイン湖畔の樹』にははじめて気がついた。
モンドリアンといえば抽象画、と勝手に思い込んでいたので
今まで気がついていなかっただけかも。
題名どおり、緑の木々が美しい風景画なのだ。
藤田嗣治が7点。
特に『アネモネ』の前で佇んでしまった。
アネモネの花が好きだからかもしれない。
彼独特のタッチで描かれるなんとも不思議な、アネモネの花。
『野ウサギの静物』では、
先日見た「液晶絵画」での「リトル・デス」をふと思い出した。


日本画「初夏」 より

川端龍子『佳人好在』『曲水図』に見とれる。
青や緑の色遣いが美しい。


「陶芸、染織の名品」 より

北大路魯山人が3点。
中でも『磁器赤絵筋文中皿』が気に入る。
赤を基調に、緑・藍・黄などのストライプ模様。
赤がきれいなのだ。
富本憲吉『染付絵変皿』も気に入った。
染付けで、皿の真ん中に色々な模様が描かれている。
蛾、とうもろこし、あざみ などなど…
五代 清水六兵衛『青華蘭四方花瓶』もその美しさに目を奪われた。
口は丸くて、少し首があって胴体が四角い花瓶なのだが
真っ青な蘭の鋭い葉っぱがきれいなのだ。
花瓶の形ともぴったり合っていて、なんともいえない美しさ。
花なんぞ入れずにこのまま飾ってしまうだろう。
森口華弘「大振袖 『梅林』」は、これまた素晴らしい。
斜めに流れるような模様が私好みだった。
美しい女優さんが着れば、本当にきれいだろう、と思う。


「コレクション・ギャラリー小企画 : 日本の印象派」 より

ルノワールが印象派、ということで、関連して…ということだったのだろう。

中村徳三郎『静物 (白い花)』を観て、心が落ち着いた。
キャンバスの中央に白を基調とした花のアレンジの絵が。
ユリの香りが鼻孔をついたような錯覚にとらわれた。
太田喜二郎『温室』は絵に温かみを感じた。
いくつか彼の作品があったが、なぜかこの絵だけはとても気になった。


その他、池田万寿夫の版画やアンセルアダムスの写真もたくさんあり、
見ごたえがある。
ルノワール関連のドレスも含めて、計151点。
絵を見るのが楽しくて、あまりにも帰るのが名残惜しくて
3周もしてしまった。


全体的にみて、どうやら私は今、植物の絵が気になっているらしい。
植物に癒されたいのか?

時間を作って自然と戯れるのも、悪くない。


この日に訪れた京都国立近代美術館は
4階の展示のおかげで少し元気をもらって帰ることができた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
モンドリアンはいいですね。
僕は複製ですがパネル持ってます。
でも結構大きいんですよね、1m×1mで。

しかし本当に美術がお好きなんですね。
ご自分の世界を持っていらっしゃるのでいいですね。
自分も見習わないと。
上原ひろみん
2008/06/14 10:47
上原ひろみん様

モンドリアンのコンポジションは昔から好きです。
ここの美術館にあるコンポジションは小さめですよ。
大きいパネルをお持ちなんですね!
いいなぁ、飾るスペースがあって。
それにしても、風景画は意外でした。

自分の世界かどうか、自分でもよくわかっていませんが、結構美術館に行くと和めます。
でも全然詳しくないのでウンチクは語れません。
抽象画とか、シュールレアリスムとかが主に好きなので、ルノワールはちょっと…
坂本龍一のCM音楽に誘われて、新たな発見でもあって好きになれるかしら…と思って出かけて見ましたが、やっぱりモンドリアンなどの方がホッと出来ました(笑)
上原さんは私以上にご自分の世界がおありで、素敵だと思います。私の方こそ見習わないと。
ハリー☆
2008/06/14 15:03
自分の世界があるかどかは分かりませんが、自分が好きなものを追求することはいいことだと常に思いながら行動しています。これからもお互い頑張りましょう。美術関係はお任せいたします。
上原ひろみん
2008/06/15 20:30
上原様

そうですね。
お互い、自分の好きなことを楽しんで、
悔いなき人生を…(大げさ?)
私もマイペースでこのブログを続けられたらな、なんて思っています…
ハリー☆
2008/06/15 21:56
スポンサードリンク
京都国立近代美術館 コレクションギャラリー 平成20年度第3回 花のように …美術・音楽・映画鑑賞日記…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる