花のように …美術・音楽・映画鑑賞日記…

アクセスカウンタ

zoom RSS For Tomorrow MAYA MAXX 展

<<   作成日時 : 2008/02/13 22:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

京都は祇園にある「何必館・京都現代美術館」で開催されている
For Tomorrow MAYA MAXX 展』へ行った。
2月24日まで開催中だ。


MAYA MAXX(マヤ マックス)さんは、子供の絵本で名前を知った。
絵が印象的だったので、是非、作品をじかに観てみたくなったのだ。

画像

 美術館の前には
 このようなのぼり(?)があって
 わかりやすい。






画像

 美術館前には
 このポスターが…







運のいいことに訪問していたのは私一人。
ゆっくりと作品を鑑賞することができた。


1Fを入ると書や絵が出迎えてくれる。
2枚の書には、それぞれネコとウサギの絵が。
それがカワイイのだ。
MAYA MAXXらしく、ほほえましい。

1Fからエレベーターに乗り2Fへ。
1Fのエレベーターホールには「天空への階段」という作品が。
空の中に階段があり、階段の行き着く先には教会のような建物が。
空の青が美しく、教会のような建物の上の空の色がひときわ濃くなっているのが印象的だ。


エレベーターや階段などを使い
2F、3F、5Fの作品を鑑賞する。


一番好きだったのは
比叡山 霧のクリスマス』だ。
青色で描かれた山の中に白馬が2頭いる絵だ。
青の木々が美しく、目を奪われる。

建仁寺 禅居庵 その静けさ』も印象に残った。
金色の屏風の上から描かれている花の美しさ。
赤色の上から白っぽい色で重ねられていて
その上に青色がふわり、ふわり
横にいる亀もお茶目だ。

その隣にあった
建仁寺 禅居庵 鳥のさえずり』もきれい。
こちらは紫の花(だったと思う)にツバメのような鳥が飛んでいる。


5Fには「For Tomorrow MAYA MAXX Room」があった。

4畳半くらいのスペースの壁面3面にぎっしりとピンで貼られた絵・絵・絵…

画像 チラシより

 このような絵がたくさん!
 絵の横に
 メッセージや題名らしきものが
 書かれていたり
 紙いっぱいに メッセージが
 書かれているものもある。


この部屋で私の印象に残った言葉を最後に紹介したいと思う。

『何もないところから
 すべてのことは
 立ち昇り 立ちあがり
 わたしのからだを通って
 明らかに 朗らかに
 自由に 自然に 形になってゆき
 わたしはただその通路のようなもので
 何かをとりたててしている感じもなく
 なんとなく温かくて 幸福な感じの
 玉のようなものが通過するのが
 ちょっとくすぐったい気がしながら
 笑いだしてしまうだけなんです』  (原文まま)



彼女の作品からはエネルギーが感じられ
観ているこっちまで彼女が愉しんで創作している空気が伝わり
とても元気がもらえた展覧会であった。

楽しかった。どうもありがとう。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

スポンサードリンク
For Tomorrow MAYA MAXX 展 花のように …美術・音楽・映画鑑賞日記…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる