花のように …美術・音楽・映画鑑賞日記…

アクセスカウンタ

zoom RSS ラスト、コーション  色|戒

<<   作成日時 : 2008/01/29 12:33   >>

トラックバック 19 / コメント 6

アン・リー監督、トニー・レオン主演の
ラスト、コーション』の先行上映会へ出かけた。


入場時にプレスシートを手渡された。
以前に試写会でもらったことのある
別の映画のプレスシートはパンフレット大の3つ折で
両面にぎっしり映画のことが写真入りで書かれていたので、
てっきりそういう類のものだと思っていた私はビックリ。

パンフレットのような冊子と同じ大きさのポストカード(?)、
映画に関連したチラシや告知など、盛りだくさんだった。

これだけで行ってよかったというものだ。

画像


まず最初に1月24日に行われた、
ジャパンプレミアの模様を上映。
残念ながらトニー氏、欠席だった模様…残念!
その後、日本版オフィシャルイメージ・ソングを唄う
中孝介さんが登場。「夜想曲-nocturne」を披露。
中さんのインタビューや映画についての見所などを聞いた後、

いよいよ、上映…


1942年の日本占領下の上海において繰り広げられる
特務機関の顔役イー(トニー・レオン)と
彼を暗殺しようとたくらむ女スパイのワン(タン・ウェイ)の物語。


見所は、タン・ウェイの美しく変わっていくさまや
複雑な政情下における立場や心情を
トニー・レオンがしぐさや表情など全身で表現しているさまだろうか。


過激な性描写について話題になっていたので
招待券をもらって出かけた『失楽園』にて、
あまりの生々しさに気分が悪くなり
途中退場した過去を持つ私は正直少々心配だった。
しかし、イーの様々な精神的内面を表現するには
必要な性癖であると解釈できたし、
2人のそれぞれの心情を表現するにあたって
重要なシーンであるのではないだろうか。
いやらしさより、切なさを感じた。


テーマ音楽がなんとも言えず哀愁を誘う。

見終わった後、衝撃のラストに心が揺れた。
そのまま電車の駅まで行ったものの
帰る元気が出なかったくらい…
そのくらい映画の中に入り込んでしまっていた私であった。

出演はイーの奥様役にジョアン・チェン。
93年の『赤い薔薇 白い薔薇』は印象深く、
また『ツイン・ピークス』や『ラストエンペラー』でもおなじみ。
この作品でも有力者の奥様ぶりが素敵。
また、ワンの仲間でリーダー格の男性にワン・リーホン。


トニー・レオンはこの作品のために
母国語ではない北京語を話すために大変な努力をしたそう。
"Filmography"の2007年、2008年の欄に
チェン・カイコーやウォン・カーウァイ(そう来なくっちゃ!)の
名前があったので、
これからの映画の公開もとても楽しみで待たれるところである。

観客は9割近くが女性だった。
トニー・レオンやワン・リーホンのファンだろうか。
息もつかせぬ2時間38分。
色々と考えさせられ重い映画だが、見ごたえ十分であった。



ちなみに…19時15分開始、30分ほどのイベントの後、上映。
終了し、映画館を出た時には22時30分を回っていた。

外は私の気持ちがわかっているかのように
冷たいみぞれまじりの雨が降っていた…


画像人気ブログランキングへよろしくお願いします!


中文版單擊這邊!→这边中文版


原作はラスト、コーション 色・戒 (集英社文庫 チ 5-1) (集英社文庫 チ 5-1)
一度読んでみるのもいいかもしれないと思った。
ラスト、コーション 色・戒 (集英社文庫 チ 5-1)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(19件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
この冬観たい映画2本!
先日子供と『マリと子犬の物語』を観てきました。 それはside:Bに書いたので、よかったら読んでやってください。 ...続きを見る
花のように
2008/01/29 18:57
ラスト、コーション
 『その愛は、許されるのか?』  コチラの「ラスト、コーション」は、「ブロークバック・マウンテン」のアン・リー監督が再び禁断の愛で世界に衝撃を与えたR-18指定の問題作なのですが、2/2公開となったので、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪  原作は、 アイリーン・チ.... ...続きを見る
☆彡映画鑑賞日記☆彡
2008/02/03 22:29
ラスト、コーション
ラスト、コーション(2007 中国・アメリカ) ...続きを見る
映画のメモ帳+α
2008/02/03 22:36
ラスト、コーション
1942年、上海。後戻りできない女と男・・・ ...続きを見る
悠雅的生活
2008/02/03 23:46
どちらも捨てられなかった愛情。『ラスト、コーション 色/戒 』
日本軍占領下の上海、香港を舞台に抗日運動家たちが目論む暗殺計画に参加した女性の物語です。 ...続きを見る
水曜日のシネマ日記
2008/02/04 12:24
ラスト、コーション/ Lust,Caution/色|戒
平日昼間なのに満席!整髪剤の臭いと加齢臭{/ase/}とが入り交じって ちょっとうっとなるような空気の中、 (見渡したらおじいさんだらけ!) 約3時間も大丈夫か?という不安がよぎってたけど そんなことは30分くらいでほとんど気にならなくなるくらい ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2008/02/07 00:34
感想/ラスト、コーション(試写)
いろんな意味でドキドキした! 『ラスト、コーション』2月2日公開。1942年、日本占領下の上海で抗日運動に身を捧げる女性・ワン。敵対機関の要職に就くイーを暗殺するべく、マイ夫人と名乗って彼の近くに潜り込んだ彼女だったが、やがて2人の間で歪んだ愛情が交わされ始める。愛と使命の間で揺れ動く2人の愛情と運命の行方は…。 ラスト、コーション 色|戒 ...続きを見る
EDITOREAL
2008/02/07 09:44
「ラスト、コーション」
「Lust, Caution」...aka「Se jie」「色・戒」2007 中国/台湾/香港/USA 女工作員と、彼女のターゲットとなる重要なる人物の男。二人が織りなす官能サスペンス・ドラマ。 主演の女工作員チアチー(マイ夫人)にタン・ウェイ。 ミスター・イーに「花様年華/2000」「インファナル・アフェアー/2002」のトニー・レオン。クァンにワン・リーホン。ミセス・イーに「ツイン・ピークス/TVドラマ」のジョアン・チェン。 監督は「ブロークバック・マウンテン/2006」でオスカーに... ...続きを見る
ヨーロッパ映画を観よう!
2008/02/07 22:10
「ラスト、コーション」
「ラスト、コーション」シャンテシネで鑑賞 ...続きを見る
てんびんthe LIFE
2008/02/08 00:10
ラスト、コーション
禁断の、そして極限の愛の場面にヴェネツィア騒然!「ブロークバック・マウンテン」からわずか2年、アン・リー監督が、再び全世界を衝撃の渦に巻き込んだ愛の問題作だった。 時は1942年。日本占領下の上海で、傀儡政権特務機関の顔役イーの懐に飛び込み、命を狙う女スパ... ...続きを見る
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
2008/02/09 13:45
『ラスト、コーション』
2007年。製作国・地域:アメリカ・中国。監督:アン・リー。 見てまいりました。トニー見たさに行ってまいりました、『ラスト、コーション』。 疲れた、見るのにめちゃくちゃ体力を消耗した。でも良作、かなりの佳作。ヴェネチアで金獅子ということだそうですが、賞とるに値.. ...続きを見る
はなことば
2008/02/12 15:15
【2008-37】ラスト、コーション(LUST, CAUTION 原題:色|戒)
人気ブログランキングの順位は? ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2008/02/24 21:51
「ラスト、コーション」情熱をもって生きるとは、陳腐なことなのだ。
「ラスト、コーション」★★★★ トニー・レオン、タン・ウェィ主演 アン・リー監督、アメリカ 中国 、2007年、158分 ...続きを見る
soramove
2008/02/26 12:46
★「ラスト、コーション」
「ブロークバック・マウンテン」でオスカーを受賞したアン・リー監督の最新作。 「映倫 R-18」指定で、過激な性描写が話題の本作。 原題は「色・戒」、英題は「LUST, CAUTION」。 LUSTは「肉欲(を抱く); 渇望(する)」・・・の意味。 CAUTIONは「用心(深さ), 慎重さ, 注意(すること); 警戒, 警告」・・・の意味。 ...続きを見る
ひらりん的映画ブログ
2008/02/28 02:13
映画「ラスト、コーション」
原題:Lust,Caution/色・戒 どうしても思ってしまうのが、題名の意味だよね、最後の注意事項みたいな意味ありげなことを想像するけど、実は色欲に注意しなさいということなのね・・ ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2008/03/02 12:08
極限状態での性愛の意味を問う「ラスト、コーション」〜ヒロイン、タン・ウェイは評価しがたい
 そのラブシーンの激しさだけが喧伝されている感のある「ラスト、コーション」(アン・リー監督)をようやく見ることができた。Last caution(最後の警告) とてっきり思っていたが、Lust,caution(肉欲、警告)なんだ、とオープニングで認識をあらたにした。まさに「色戒」... ...続きを見る
万歳!映画パラダイス〜たまプラほろ酔い日...
2008/03/03 20:12
ラスト・コーション を観ました。
チケットを持っており、明日で終わりらしいので、雨の中、早起きして鑑賞! ...続きを見る
My Favorite Things
2008/03/22 10:48
mini review 08328「ラスト、コーション」★★★★★★★★☆☆
付けているが ...続きを見る
サーカスな日々
2008/09/21 22:21
霧注意報
「ミスト」 「ラスト,コーション」  ...続きを見る
Akira's VOICE
2008/10/29 12:12

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
>見終わった後、衝撃のラストに心が揺れた。
いやーん。
そんな風に聞いちゃったら見ないといけないじゃないですか?
2/1に行くべきか!
でも、重いのか・・・。一人で見て帰ってこれるだろうか?
うーん・・・。
悩むところ・・・。
なる
2008/01/29 18:38
なるさん、スクリーンで是非☆
1人で観るのはオススメです!
私の場合、色々考えちゃって、
昨日まで引きずっちゃいましたけど…
でもねー、トニー・レオンがシブくって
花様年華を思い出させるような雰囲気ですよ♪
ハリー☆
2008/01/30 09:01
やっとハリー☆さんの感想を読めました♪
実は今まで読んでなかったんです^^;
ネタバレなし、ということでも「観るまで読まない!」とか決めていたもので。
確かにおっしゃるとおり、この映画の性描写は作品の成立に必要不可欠なものだって思います。話題集めってわけじゃなく。

トニーの新作も楽しみです☆

あと、TBお返ししたのですが、こちらでは送信失敗と表示されていたので…届いていないようでしたら教えてください〜><
はな
URL
2008/02/12 15:31
はなさん、先入観を持たずに映画を観るお気持ちよくわかります!
実は私もそうですよ(笑)
今でもたまにこの映画のこと思い出します。
思い出すと重苦しい気持ちになります。
でも、DVDが出ても、家では鑑賞する勇気はございません…たとえ誰もいなくても(笑)

トニーさんの映画といえば次は「赤壁」でしょうか。
楽しみですね♪
ハリー☆
2008/02/13 02:22
こんにちは。

>外は私の気持ちがわかっているかのように
冷たいみぞれまじりの雨が降っていた…

おーなかなか、入り込んでしまったんですね。
kimion20002000
URL
2008/09/23 21:51
kimion20002000さま

こんにちは。
コメント&TBありがとうございました。
そうなんですよ。
結構衝撃的で、
映画のことを引きずってしまいました。

ハリー☆
2008/09/24 11:31
スポンサードリンク
ラスト、コーション  色|戒 花のように …美術・音楽・映画鑑賞日記…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる