花のように …美術・音楽・映画鑑賞日記…

アクセスカウンタ

zoom RSS オペラ『蝶々夫人』

<<   作成日時 : 2007/12/29 13:19   >>

トラックバック 0 / コメント 0

『ヘンゼルとグレーテル』を観に行った時
色々なチラシなどももらいました。

画像


その中にもあった『蝶々夫人』、
昨年観に行きましたがとてもよかったです。
(於 兵庫県立芸術文化センター)


アメリカから来た海軍士官に対するひたむきな気持ち。
恋するうれしく明るい心。
周りに色々といわれながらも経済的にも困った生活にも耐え…
そして、相手の選んだ道を知り
自ら死を選んでしまった蝶々さん。

舞台を通して気持ちが伝わってくるんですよ…

特にラストのシーンでは、
子供を残して死ぬことを決めたつらさとか、
愛する人がもう自分に向き合ってくれないつらさとか…
そういう内面も含めて色々ね。

私が行った時は、
並河寿美さんが蝶々さんをなさっていたのですが好演でした。

一人で観に行ったので誰に気兼ねすることもなく、
涙・涙…でございました。


そういえば、私「ある晴れた日に」が大好きで、
昔からよく聴いていたのですが
意味も知らず聴いていました。
切ない歌なんですよね…

2008年3月27日から再演するそうなので、
興味がある方は、是非☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

スポンサードリンク
オペラ『蝶々夫人』 花のように …美術・音楽・映画鑑賞日記…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる