花のように …美術・音楽・映画鑑賞日記…

アクセスカウンタ

zoom RSS ラフマニノフ・プレイズ・ラフマニノフ

<<   作成日時 : 2007/11/15 11:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ラフマニノフの話の続き。


車の中ではピアノ協奏曲1番・2番ばかり聴いていますが、
家で今一番よく聞いているのは
ラフマニノフ・プレイズ・ラフマニノフ」です。
妙に気に入ってしまっています。
どーしたんだ、自分…

(しかし昨日、先月発売になったサカモトのCDをようやく買ってきたので
今日はそれを聴いております。)


このCDは本人の演奏が記録されているピアノロールを
コンピュータで処理して
新たにピアノ演奏をさせたものをCD化しています。

弾き方は本人風味だけど、弾いているのは機械です。
そういわれて意識しちゃうとそうなのかな、とも思いますが、
それでも、
本人の弾き方はある程度再現されているだろうと思われるので、
この演奏が好きな私は、
きっとラフマニノフの実際の演奏やその空気が好きなんだろうな

この前知人にラフマニノフが気に入っていると話したところ、
ラフマニノフってとても大きい人だったんだと教えてもらいました。
自作の曲は手の大きい自分自身が弾ける曲なわけで、
道理で何だか大きく包み込まれるような感覚がするんだな、
って、勝手に私なりに納得しちゃいました。

CDには、本人の曲ももちろん、
色々な人の曲の演奏があって(アメリカ国歌もラストに入ってる)
今の私がこのCDの中で好きなのは
「くまんばちの飛行」です。
勢いがあるものに今は惹かれているのかもしれない。

「くまんばちの飛行」はきっと聴けば「ああ、あの曲ね」って
わかってくださると思うのだけど、
興味がある方は販売系のサイト等で試聴なさってみてくださいね。

ゆったりした曲を聴いてなごみたい日もあるし、
疲れた心を癒したい、なーんて思う日もあるけど、
今は、違う。

こーゆーの、なんなのでしょうね
聴いている曲でその日の精神状態がわかるソフトでもあれば
面白いのに(笑)


ところで、私はクラシックのことは全然わからずに聴いています。
これも、自分の感覚で記しています。

中高生の頃、
自宅に父のクラシックやジャズのレコードが色々あったから
自分の部屋に持ち込んで聴いてみたりとか
FM聴きながら、部屋で一人くつろいだりしたりしている時に
勝手にクラシックやジャズの番組が流れていたりとか
そんな感じでもともと聴いていたりはしましたけど。


きっとクラシック好きの人には「何を素人が…ププッ」と笑われそうで
万が一そういう方が読んだ時は
どうもすみませんって断っとかないといけませんね(笑)
ホントにスミマセン


ラフマニノフ・プレイズ・ラフマニノフ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

スポンサードリンク
ラフマニノフ・プレイズ・ラフマニノフ 花のように …美術・音楽・映画鑑賞日記…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる